造作家具コラム

造作家具の難しい所は「色合わせ」です

 

 

写真は上側は「突板塗装」で下側は「フローリング」です。

 

突板のウレタンクリア塗装ですが、生地に濃淡があります。

僕は突板塗装はやっぱ「クリア塗装」が一番好きです。

木目の良さが自然と出る感じが絶妙だからです。

 

ところで「突板はカバザクラ」で「フローリングはヤマザクラ(商品名)」です。

同じ「桜」でクリア塗装してあります。

でも色目が若干違います。

 

なぜ?

 

塗装なんて簡単じゃないの?

なんて思われそうですが・・・

 

今回はそんな塗装のお話を少しお話します。

 

 

 

突板塗装の「色合わせ」て難しいんです

 

 

塗装は普通に塗る分でしたらそれほど問題は起こりません。

 

 

塗装職人さんでも難しいのは「突板の色合わせ」です。

何かの色に合わせることって意外にも大変なことなんですよ!

 

私達、造作家具では「色を合わせる」ことが多々あります。

フローリングの色、建具の色などに色を合わせるようなことです。

色は簡単に合わせることができれば、全然合わない場合もあります。

 

色合わせばっかりは職人さんの腕を頼る他ありません。

 

突板の生地によっては色が濃く出たり、色が出なかったりします。

生地を染色すると、黄色味がでたり、赤みがでたりして微妙に色合いが違ったりします。

当然、突板と色サンプルの「樹種」は同じですが全く違う色になったりします。

こんな突板を経験で「似た色」に持っていくのが職人さんの仕事です。

これはすごいです。

 

 

実際に完璧に同じになるのは50%くらいでしょうか?

 

 

 

 

色が合わない場合はどうするか?

 

 

色を完全に同じにする事は難しい。

ではどうするか?

 

現場の完成を想像して、家具の色を決めます。

これならおかしくないだろうという色まで持っていくということです。

もしくは突板を選定し直す。

これは家具屋が指示して決めています。

 

「この黄色味を消してほしい」

「もうちょっと暗めにして」

 

などといった感じです。

(完全に似ていれば怖いもの無しですが・・・)

 

 

ちょっとした色味の違いが一番怖いです。

大体の色は同じですが、色味の違いは致命傷になりかねないからです。

家具が廻りと馴染んでいなくて、浮いた感じになるのが怖いです。

ここを注意しながら塗装屋へ指示をだします。

 

現場を想像するのが肝です。

全体の完成図を事前に調べておくことも必要となります。

 

 

 

なぜ色が合わないのか?

 

 

なぜ樹種は一緒なのに色が合わないかは、木目の違いが大きいです。

 

木そのものによって、もしくは切った位置の違いで当然「突板の木目」が変わります。

木目によっては「色の出方」が変わります。

濃いとこ薄いとこなどの濃淡があるので、一概に色を合わせるのは難しいです。

 

あくまで家具全体の色の感じを、建築に合うように心がけます。

見ておかしくない家具の色を判断するのが、造作家具の難しさなんです。

 

「色をサンプルに合わせてください。」と言われても正直困ってしまうことがあります。

一部を合わせようとすると、どこかが似てこなくなったりします。

どこで合わせるか?

難しいんですよねえ。

 

 

 

今の造作家具の主流は「ポリ板」

 

 

塗装した方がかっこいいけど、色が難しい。

だったら「ポリ合板」の方が楽で、間違いないから安心!

というのが現代の流れです。

 

でも塗装した家具は本当に素敵なんだけど・・・

でもどんどん塗装が減ってきている世の中になっています。

 

皆、間違いのない方法を選ぶようになりました。

ポリ板も比較的リアルに木目が本物に近づいてきているから余計に「ポリ板」を使います。

 

 

もっと塗装した家具を皆様に提供したいな・・・

「塗装の良さを知ってもらうには?」と考えるこの頃であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 造作家具コラム

    造作のスタートライン

    ブログ村キーワードアークス 加納です。先日は画像検索…

  2. 造作家具コラム

    難易度の高い「仕上げ」を求められる時代へ

    最近は木工でもアイアンを使う場合が増えてきました。お客様の要求がどんど…

  3. 造作家具コラム

    造作家具屋にインテリアを頼んでみたら!?

    「造作家具屋」が家を建てる!?造作家具屋が考える家って?事実上、理にか…

  4. 造作家具コラム

    オススメ キッチンカウンター特集

    最近のキッチンカウンターを集めました。自分達が作ったモノではありません…

  5. 造作家具コラム

    住まい計画は初期段階での決め事が重要です。

    住まい計画をする時に重要な事!!それは「何をやりたいか!」です。計画実…

  6. 造作家具コラム

    「イメージだけ」から時間を共有しながら「実物」にする・・・「造作家具」

    現代ではインターネットで「ポチッと」買える世の中になりました。簡単で便…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ

メールお問い合わせ先

メールお問い合わせ先

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ
PAGE TOP