日記

自分の身は自分で守る

 

 

梅雨明けして暑さが本格化してきました。

気付けばもう7月22日。

これからは夏祭りと花火大会のイベントが始まってきます。

 

梅雨明けと同時に家具取付の日々が始まりました。

暑さ対策として、今年取り入れた物があります。

 

 

 

コードレスファン購入しました

 

最近の現場暑さは過酷な時があります。

熱中症対策をしないと危険な場合があり、それを意識していないと大変な事になります。

 

というわけで、「コードレスファン(扇風機)」を購入しました。

普通の扇風機で良いのでは?

 

メリット

  1. コンセントがなくても充電池で動く。
  2. 薄い形なので車収納時でも邪魔にならない。

 

実際の工事現場ではコンセントが使えません。

外の仮設電柱から電気を作業場まで持ってこないと電気が使えません。

充電地があれば扇風機が作動します。

これが一番のメリットです。

 

 

現場も風が通らない時は「蒸し風呂」のようになります。

このような時は「暑さ」を耐えるしかありません。

今まで何回も耐えてきましたが、今年は「コードレスファン」があるので多少は改善できそうです。

 

熱中症は急に倒れてしまうそうです。

「あれおかしいな」と思った時は注意した方が良いです。

無理して頑張ってしまうと、倒れてしまう!

 

皆さんも気をつけてください。

 

 

 

作業着の中を送風する

 

← 昨日の現場で電気屋さんが着ていました。

 

初めて見ました。

作業着の中を送風して涼しくするタイプです。

「着ぐるみ」にも送風機がありましたが、最近は作業着にも使うようになりました。

話しを聞くと、快適だそうです。

「汗をかく量」が格段に減ったそうです。

 

コードレスファンより高度な商品でした。

金額もそれほど高くないそうです。

 

 

 

自分の身は自分で守る

 

当たり前の話かもしれません。

 

建築現場のような「危険」から身を守る。

自分の「体調」を自分で守る。

 

最近は廻りの人達が気を使って、安全な現場を作ってくれる傾向があります。

でも実際は当の本人が気を付けないとダメです。

安全ボケになってはダメです。

 

今回のは「体調」による身を守ることですが、皆さんの身の廻りにある危険を探してみるのはいかがでしょうか?

私も今回の「コードレスファン」はたまたま目に止まった物を購入しました。

まあこれで熱中症対策が万全ではありませんが・・・

 

自分の意識で色々な危険を察知して、自分で対策を取っていきましょう。

きっと身を守ることの近道になります。

他人に言われるよりも数倍身になります。

 

倒れたら大変ですからね・・・

 

今回の扇風機は良かったです。

暑い現場を少しでも快適に作業することは、安全的にも、作業の精度的にも良くなると思います。

このような改善策をもっと見つけていきたいです。

 

 

 

 

日立工機 コードレスファンの詳細はこちらより

http://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/other/uf18dsal/uf18dsal.html

 

 

マキタ ファンジャケットの詳細はこちらより

http://www.makita.co.jp/product/category/kateiyoukiki/fj204_205_302_303_500_501_402_403_404_406dz/fj204_205_302_303_500_501_402_403_404_406dz.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日記

    車で駆け廻ります。造作家具屋は!

    造作家具屋は遠くへ仕事にいきます。取付・打ち合わせなどは県外ですと1日…

  2. 日記

    建設現場での安全

    アークス加納です。昨日は東京まで行き、お世話になっている取引先…

  3. 日記

    「パンクROCK」って悪いイメージがあるのはなぜ!?

    最近の犯罪はどうか!?明日は我が身かもしれませんが、これを逃げるのでは…

  4. 日記

    「英語」を喋るではなく、ただ外国の人と会話をしようとする努力が必要

    今、家にアメリカンファミリーが滞在しています。アプリ翻訳でなんとかなる…

  5. 日記

    ことのまま

    あけましておめでとうございます。アークス 加納です。毎…

  6. 日記

    家具取付1週間で1400km

    アークス加納です。今週は家具の取付weekでした。先週…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ
PAGE TOP