造作家具コラム

寸法を決めれる事のメリット

「寸法による」家具の印象について

 

造作家具のメリットを前回一つお伝えしました。

内容は「壁から壁まで」家具を作った場合の魅力についてでした。

意外と大きなメリットではないかと思います。

さて今回も何かあるかと考えた所ですが、先日あった例を一つ書きたいと思います。

それは「形による」家具の見え方です。

造作家具(オーダー家具)では大きさ・形・色を当然ですが決めることができます。

同じ大きさの家具をちょっとした寸法を変えた場合、どんなイメージに変わるのか?

 

 

~パースの説明~

 

家具1:W4000×D500×H500のテレビ台を想定(前回の絵と一緒です。)

壁から壁までの一般的な家具です。

 

家具2:大きさは「家具1」と同じです。

①違いは家具巾木を高くし、奥へ隠しました。

巾木を高くしたのでキャビネットの高さは低くなります。

②天板(カウンター)の厚みを大きくしました。

 

 

 

 

 

 

家具1

 

 

家具2

 

 

 

家具1では家具を床に置いた一般的な例です。

それを家具2では床から浮いたように見せる違いです

 

現実的な話をすると収納量が減るとの考え方もありますが、今回は「デザイン」的に見て下さい。

キャビネットの高さが低くなった分、横長なイメージが顕著になりました。

スタイリッシュな家具になったと思います。

 

今回の2つの違いは、ただ巾木を高くして奥に下げただけです。

(カウンターの厚みの違いはあまりこの絵ではわからなかったです。)

 

 

 

造作家具(オーダー家具)のメリット

ちょっとした寸法の違いによって、家具のイメージに大きな変化をもたらします。

たかが寸法ですが、かっこよくもなればかっこ悪くなる場合もある。

 

「寸法を決めれる」ということは大きなメリットなんです。

 

 

造作家具屋として製作前に図面を必ず書きます。

部屋の大きさを書いて、家具を書いて、バランスを見る!

(何か当たり前のようにやっていた事の重大さを改めて実感、、、)

 

色々なお部屋に合わせたり、またお客様の要望を聞いて形で応える。

それが私達の仕事です。

お客様の部屋は様々です。

形が正方形・長方形、天井が高い・低い、床の色、壁紙の色 など

バランスのあった家具を作るには、その部屋を知らないと考えられません。

 

自由に形が作れるという事は「オーダー家具の大きな武器」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 造作家具コラム

    オススメ キッチンカウンター特集

    最近のキッチンカウンターを集めました。自分達が作ったモノではありません…

  2. 造作家具コラム

    「和風モダン」のインテリアにするなら「和紙」

    最近の家はすっかり「和風」なものが少なくなりました。洋風なおしゃれなイ…

  3. 造作家具コラム

    素敵なインテリア写真には「造作」が隠れている!

    造作家具屋(自社)にカタログがありません。オーダー家具屋にはオリジナル…

  4. 造作家具コラム

    モールディングの魅力

    アークス加納です。先日納めた家具の写真です。写真は家具…

  5. 造作家具コラム

    これからの生活スタイルは[休日の過ごし方]

    コンテストの入賞作品を見ていて感じた事です。「プライベートを大切にした…

  6. 造作家具コラム

    建築の単価ってどれ位なの?

    職人さんの日当を見つけました。あくまでも参考です。全国建設業協会にて出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ

メールお問い合わせ先

メールお問い合わせ先

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ
PAGE TOP