日記

仕事に追われている反省点を改善したい!

 

 

最近ブログがまた疎かになっていました。

 

正直仕事が忙しくて書けませんでした。

ほぼ毎日静岡⇔東京を行き来しており、体力が奪われブログを書く気力がなくなりました。

正直、体力気力が擦り減った状態が続きました。

毎日が仕事に追われ、仕事が雑になってしまう。

なんて状態です。

でもまだまだこの状態が続きそうです。

 

そんな仕事に追われる状態とは・・・

  1. 家具取付をすることで、事務系の仕事(見積もり・図面・段取りなど)が疎かになる。
  2. 家具取付の計画が余裕がないため、また行く羽目になる。
  3. やることを忘れてしまい、色々な予定がうまく廻らない。
  4. 取付部隊が基本一人であり、頼れる人がいない。

これらの原因が考えられます。

 

4番は実際取付に行くのは二人でありますが、私と工場の人を連れていきます。

しかし、工場が忙しいと連れて行けません。

そんな時はなるべく1人でも作業できるようにしなくてはならないし、重い家具も1人で運ばないとならないし、精神的にも辛い状態になってきます。

 

 

 

 

 

引用先:5セカンズ  仕事に追われる人の特徴と改善方法9つ

 仕事に追われる人の特徴と改善方法のまとめ

 

  1. 手当たり次第はだめ?優先度を決めて効率的に仕事を回そう!
  2. 達成感こそ仕事の醍醐味?目標を細かく追いかけよう!
  3. メリハリが大事?休むときは完全に休む!
  4. 要領や効率が悪くて捗らない
  5. なんでも引き受けてしまう
  6. ギリギリになって行動に起こすルーズな人
  7. 時間配分を適切にしよう
  8. あれもこれもは厳禁だ!
  9. 無駄な時間の有効活用

 

 

現状の段階での私は「2・5・7・8・9」が当てはまっているような気がします。

 

 

時間配分は大切です

特に「7」の時間配分がよくない!

一日八時間働いてできる作業の読みが甘い。

取付業務では自分が思っている20%増しかかると考えていた方がよい。

もう何年もやってきているがまだ懲りていないです。

もう少し自分の読みを甘くすれば、他のことがスムーズに動く気がします。

 

また「時間配分」をもっと時間掛けて読むことで、「案外もう少し余裕があるじゃん!」ってこともあります。

漠然とした2~3週間先までの予定を時間を掛けて細分化していけば、思った程忙しくないかもしれないです。

ただただ気が焦っていることあが多々あります。

でも先行して仕事をこなしていくことは間違いではありません。

でも焦ってミスをするよりは、心に余裕があった方が仕事はうまくいきます。

 

 

 

 

「8」に関しては移動時間の使い方をうまく使えばもう少し余裕が出てくる。

 

静岡⇔東京を車で移動すれば、往復5時間あります。

さすがにPCを使う訳にも行きませんが、段取りはできます。

 

 

 

 

最後は「メモをする」

 

時間が経てば記憶は薄れる!

要件がたくさん出れば、前の要件は忘れる!

あとで「そうだっけ」なんて事が多々あります。

メモ帳は買ったのですが、まだまだ使い切れていません。

 

 

なるべく行動をスムーズに行って、自分のモチベーションを上げるため!

もう少し仕事のやり方を考えるようにしたい。

 

 

 

はあー、日曜なのに仕事の話題とは・・・・

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 日記

    「錆」という言葉のイメージと作品のギャップ

    「錆」と聞くとデザインには?なんて先入観が先に立ち、デザインをする弊害…

  2. 日記

    いつ仕事形態が未来型に変わるのか?その時人間は?

    近い将来ロボットが仕事をすることが当たり前になるのでしょうか?人間とロ…

  3. 日記

    「英語」を喋るではなく、ただ外国の人と会話をしようとする努力が必要

    今、家にアメリカンファミリーが滞在しています。アプリ翻訳でなんとかなる…

  4. 日記

    オプション販売会行ってきました

    アークス加納です。先日、新築マンションのオ…

  5. 日記

    子供部屋の間仕切りを考える

    我が家も子供部屋をそろそろ仕切る時期が近づいてきました。どう仕切るか?…

  6. 日記

    造作家具屋は売るのではなく「家具を作る」

    造作家具屋の紹介です。ほとんど見たことがない「造作家具屋」はどんなとこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ

pinterest

PAGE TOP