家具プラン

生活スタイルに合わせた家具を考える。ダイニング編

 

 

 

今回は「家具プラン」として、パースを書いてみました。

これ一応自分で書いてます。

決してキレイとは言えませんが、皆様が参考になればと思い書いてます。

以前にも何枚か書いてます。

よかったら見て下さい。

 

今回は前回のダイニングの続編で、例えばこんな家具作ったらどうかなあ?

 

 

主婦の為のダイニングスペース

 

ダイニングって家事をする上での動線の中心にあるように思います。(間取りによりますが・・・)

大抵、周りにははキッチン、洗面所、リビングがあります。

主婦の方が家事をやって一休みする時は、ダイニングチェアに座る。

椅子があるから当然ですが、ダイニングがリビングの横だし、キッチンの横でもあるからではないかなと?

 

だからダイニングのママの席は必然的に決まってくる?

 

でもそれくらいダイニングって奥様が大切な場所かと思いました。

そして、ダイニングで色々な作業が出来たらなお良いかなあ?

 

最近ではミセスルームというスペースを耳にします。

キッチンの横にカウンターなどを設けて、作業スペースとする所です。

書き物、読書、趣味の場所といった感じで使用します。

 

こういった事ができるダイニングが一番主婦の方に喜ばれる気がしてなりません。

 

 

[パース説明] デスク&ダイニングテーブル&吊戸棚&マガジンラック

 

今回のパースはデスクとダイニングテーブルが「交差した」タイプです。

 

デスクは二人掛けとし、OPEN部2ヶ所と引出しキャビネットとしてあります。

デスクの上には吊戸棚を横長に配置しました。

 

ダイニングテーブルの端には脚代わりとして、キャビネットを配置。

そのキャビネットはマガジンラックとして使うことを想定です。

(パースには図示してありません。)

 

 

デスクは子供の勉強用としても良い

 

最近は子供がリビングで勉強ということも普通になりました。

リビングではTVがあって集中しにくいようでしたら、ダイニングでやったらどうでしょうか?

奥様もキッチンから近いから多少は楽になりそうです。

また、PCデスクとしても使えますから家族全員で使用するPCを置いてもよいでしょう。

 

収納に関しても、色々細かい物を収納できます。

今回は二人掛けですが一人掛けにして収納を増やす方法もあります。

引出しをたくさんにすることも対応もできますし、開き扉でもできます。

 

吊戸棚には大きめの物、本なども収納できます。

 

 

マガジンラックは「はがきと新聞」も一緒に置く

 

マガジンラックとしては、新聞、はがき、雑誌などを置くスペースです。

はがきや封筒は結構、置き場所がありません。

意外とテーブルの上に置くことが多いように思います。

それをあえてはがき専用の置き場所を作る!そして片付きます。

 

新聞もテーブルに置きがちですが、ダイニングテーブル横に収納!

 

 

 

 

どうでしょう??

自分の生活を中心に考えたプランでありますから参考になりましたか?

 

皆様には皆様の生活スタイルがあります。

そのスタイルに合わせた家具を作るのが造作家具です。

 

色々な事を考えて家具プランを考えるのも楽しいです。

 

 

 

関連記事

  1. 家具プラン

    第二のリビングとして使える主寝室

    寝るだけの部屋・・・主寝室を家具でデスクもつければゆったりとするお部屋…

  2. 家具プラン

    オーダー家具ならではの「食器棚」を考える

    マンションなどで見かける市販のカップボードは安くて価格では負けてしまい…

  3. 家具プラン

    インテリア特集 -壁面パネルと柱型-

    リビングの意匠としていいなあと思った写真です。壁面パネルと天井パネルが…

  4. 家具プラン

    造作材でインテリアを良くする方法として

    造作家具って「家具だけ」作るわけではありません。「造作材」も作ります。…

  5. 家具プラン

    70年前に建てられたインテリアが「モダン」であり続ける

    インテリア雑誌のネット記事で「和風モダン」の実例がありました。70年前…

  6. 家具プラン

    家具図面は「イメージ」と「部屋寸法」が大事

    造作家具の図面。図面を書く時には「部屋寸法」が重要になります。決まって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ

メールお問い合わせ先

メールお問い合わせ先
PAGE TOP