家具金物

最近の家具扉キーワード:「フラット」「ソフトクローズ」

 

 

家具金物ってあまりしっかり見た事がない。

それが普通だと思っています。

あまり目立たたない金物も最近は機能が良くなってます。

 

金物のバリエーションは増えてきています。

どんどん使いやすくて、便利な機能がついてます。

正直、増えすぎて家具屋でも知らない金物がリリースされます。

 

そんな家具扉金物「スガツネ製:商品名 リンクスヒンジ」の御紹介です。

 

 

 

独自な動きで「大きな開き扉」でも開閉が邪魔にならない。

 

リンクスヒンジは開き扉と違った独特の動きをします。

 

開き扉ですと、体を後ろに逃して置かないと開きません。

横幅の広い開き扉でしたら、体を逃しながら開くようになります。

引戸でしたら何も問題はないのですが・・・

 

リンクスヒンジは、30cmくらい手前に出ながら横にスライドします。

引戸と開き戸の中間くらいの動きです。

 

扉の横幅が広いと、開き扉では開閉の際に体に当ってしまう。

でも大きな1枚の扉にしたい!

以前では引戸になるか、分割するかの2択でした。

それを解決策が「リンクスヒンジ」です。

 

 

ソフトクローズ機能付でフラットな扉で家具が作れる。

 

「ソフトクローズ」とは扉がゆっくりと閉まる機能です。

バタンと音がならずに快適です。

現在ではソフトクローズは普通の家具扉でもあります。

もう一般的な機能として定着して、次々と新しい商品が出ています。

 

 

「フラット」とは・・・

引戸ですと2枚引き、3枚引きといった場合は扉が前後に並びます。

扉前面が同じにならない。扉面が「フラット」にならないんですよね。

小さい引戸がいくつも並ぶと結構ウザく感じることもあります。

家具デザイン的にフラットな扉に出来る。

 

 

つまり「開き扉と引戸のデメリット」を解消した商品です。

 

 

デザインもかっこいい家具になります。

 

造作家具のデザインでかっこいいものにしたい方法の一つは「すっきり」させることです。

 

 

例えば、「壁面収納」は扉割りが少ないほどかっこよくなると思います。

床から天井までの1枚扉が横に並ぶだけのデザインですが、すっきりしてかっこいいです。

一枚の絵画のような家具になります。

むしろ家具扉ではなく建築のドアみたいな・・・

 

 

スッキリしたデザインは造作家具っぽくなり、インパクトが出ます。

量産家具のカタログではみられない、造作家具は完成しないと良さが

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

家具金物で今まで出来なかった物が出来るようになりました。

造作家具屋としても色々なご要望に応えられるようになりうれしいです。

 

便利な機能を有効に家具にも反映させていきたい。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 家具金物

    ワンランク上の家具にはつまみ・ハンドルも重要

    造作家具にはあまり付けない「つまみ・ハンドル」選定するのが難しいが、家…

  2. 家具金物

    スライドレールって知ってます?

    よく使われる家具金物として「スライドレール」があります。私も15年家具…

  3. 家具金物

    モノづくり日本の支え金物メーカー!家具金物も進化してきた

    最近ですが家具で使われる「ソフトクローズ内蔵型スライド丁番」が発売され…

  4. 家具金物

    引戸金物はソフトクローズが主流です。

    最近の家具金物は便利な物が増えてきました。住宅の引戸にはソフトクローズ…

  5. 家具金物

    デザインとしても機能としても特化した「スクリーン」

    家具金物はスライドレール、丁番といった物が思い浮かびます。今回は違った…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ
PAGE TOP