日記

お祭りって神に感謝、祈願することです!地元の神様を祭りたい!

10月といえば秋祭りのシーズンに入ります。うちの近所でも来週に行われる予定で、今年は手伝いで有志で行われる「くじ」のお手伝いをします。

地区のお祭りでありますがこのくじが人気であり、最近ではくじをもらうのに列ができるほどであります。10年ほど前に近所に住む年上の方々がお祭りを盛り上げるために発案してスタートしました。昨日はこの打ち合わせに参加して色々なコトを感じました。

このくじのメンバーは10名ほどの私よりも10歳くらい上の人達です。

そもそも現状の「地区のお祭り」って、、、!?

 

お祭りとは何か?

 

日本は神道や仏教だけではなく、土着信仰も含めたあらゆる宗教観が融合しているのが特徴で、各地域の祭りでも神や先祖を奉る以外に、感謝や祈願の意味で行われることが一般的です。想像してみると分かるかと思いますが、秋は私達の主食である稲が実りを迎える時期です。他にも、山の幸が豊富になるのもこの時期で、秋祭りはこうした農作物の収穫に感謝を行う意味で行われているのです。昔の人は、秋祭りのために数十日、あるいは数ヶ月単位で準備を重ねていたと言われており、当時の人にとっての秋祭りの意味合いは非常に大きなものであったと推測できます。また、農業従事者でない場合でも、周りの人々とのコミュニケーションを取ることや非日常を楽しむといった事に、秋祭りの意味を見出すことが出来るでしょう。

当たり前ですがお祭りは「神や先祖を奉り、感謝や祈願すること」です。

地の神様へ感謝し、周りの人とコミュニケーションをとるための機会であって、お祭りは楽しいコトであるのが前提です。農業従事者はさすがに現代では少なくなっていますが、自分達が住んでいる地区が一年平和に暮らせるようにと祈願し、神を祀ることが重要ではないか!?

昨日そのコトを改めて考え、自分なりに考えました。

 

 

最近の「子供会のお神輿」も問題の一つだと前々から考えてました・・・・

 

 

お神輿を子供に担がせてあげたい

御神輿(おみこし)ってそもそも何?

神輿を担ぐ意味や理由は祭りによってさまざまですが、一般的には神様がお祭りのときに神社から出て、偉大な力を振りまき、災厄や穢れ(けがれ)を清めるからと言われています。

神輿を激しく動かすのは、神の霊威を高め、豊作や大漁を願う意味があるそうです。

神輿を担いで地域を廻るのは、神を霊威を高めながら地域の災厄を清めるために「わっしょい、わっしょい」と言いながら歩くと言われているそうです。

うちの地域では御神輿を背負うのは小学生達です。背負うというのはウソで、軽トラに乗せて廻るだけです。

人数が足りないから背負って歩くことは無理だと言うことで、車に載せて行くとのことです。

自分の子供の頃は、子供達で背負って歩いた記憶があります。

 

御神輿を担ぐという楽しさと神様への感謝を子供達にわかってほしいなあ・・・神様という存在を自分達で感謝をする!

 

みんなで「わっしょい。わっしょい」元気に神輿を担ぐ姿を少しでも実現したい!!今の現代は神様を敬うのは、こちらが勝手にお願いするばかりで何も自分達はしないことが多い気がします。神様にお願い(お詣り)するばかりで神に対して何も感謝のお礼をしていないのではないのだろうか!?

 

今年提案します!神社前だけでも御神輿を担がせてあげることを!

 

今年は直前でありますが御神輿を担ぐことを提案しようと思います。まだ誰にも言っていませんが、、、

子供にはちらっと聞いてみましたが、50%の確率で賛成でした。(1/2ですが・・・)

御神輿を担げる楽しさが来年も子供会の参加人数増加と、村の活気と楽しさが大きくなると信じてます。

「地域に活気を!」よく聞きますがお祭りが一番の楽しい祭典にすることが良いのではないでしょうか!?

 

 

昨日の「くじ実行委員の打ち合わせ」は大変意義がある時間でした。感謝、感謝!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日記

    CAD図面をもっと簡単に書くには!?

    仕事上家具屋なのでCADで図面を書くことが多いです。なんとかもっと簡単…

  2. 日記

    職人への道

    アークス加納です。昨日は姿見を取付に行ってきてすっかり忘れてい…

  3. 日記

    子供部屋の間仕切りを考える

    我が家も子供部屋をそろそろ仕切る時期が近づいてきました。どう仕切るか?…

  4. 日記

    「英語」を喋るではなく、ただ外国の人と会話をしようとする努力が必要

    今、家にアメリカンファミリーが滞在しています。アプリ翻訳でなんとかなる…

  5. 日記

    由来を少し自分で調べ考えると・・・

    2018年もスタートしました。お正月の由来って・・・?歳神様を祀ること…

  6. 日記

    日常の考えを思い直す。ふとした人柄

    先日、初盆をやり近所のほうじょうさんが来られた。いつも温和な方であり、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ
  1. 造作家具コラム

    素敵な部屋には「造作すること」が有効です。
  2. 造作家具コラム

    満足いくインテリアにする3つの事
  3. 造作家具コラム

    インテリアをよくする方法は「ホワイト」の比率を下げる。
  4. 日記

    お客様の好きな「インテリア」を探し出したくて
  5. 造作家具コラム

    新築後でも造作家具は取付可能
PAGE TOP