造作家具コラム

オーダー家具の金額が高いのは・・・

 

造作家具(オーダー家具)の相場金額って知らないのが普通です。

ただ金額だけ聞くと「こんなにするの?高い!」と言われることが多々あります。

価格基準が分からないし、同じ「家具」でも大量生産の家具の金額に比べてはるかに高い!

 

なぜ高いのか?

 

 

 

オーダー家具の金額は人工(にんく)で決まります。

 

人工(にんく)とは、「何日製作にかかったか」です。

1日8時間が、何日あったか?

6時間でも1人工になります。

 

この「人工数」が大きなウェートを占めてきます。

1人工増えれば金額がUPしますが、8時間以内の作業内容なら同じ1人工です。

 

人工だけでも2万とか3万くらいは金額がUPします。

 

 

 

当然ですが材料・金物・外注費もかかります。

 

製作手間以外には材料・金物費もかかります。

必要な数量だけ発注しますが、材料・金物もそこそこのウェートを占めます。

 

また、外注にお願いして塗装や金属加工をお願いする費用もかかります。

外注なので打ち合わせ、引取等の手間も増えるなど見えない経費が隠れているんです。

 

 

 

中間マージンがかかってしまう

 

私達、造作家具屋(工場)として一番の泣き所です。

でもお仕事をする為には、仕事を持って来てくれる方がいないと私達はどうしようもありません。

こればっかりはしょうがない・・・・

大抵はどこかの販売会社が入っていると思います。

造作家具に於いてはかなりの確率です。

 

当社での金額がそこそこでも、お客様の所ではかなりの金額になってしまいます。

中間に何社入るかで「大きな差」が生まれてしまいます。

 

1つ当たりの家具の金額が大きいので、中間マージンの金額も大きくなってしまいます。

 

 

 

オーダー家具が高いのは・・・

 

1、大量生産で作らず1個ずつ作るから

同じ物をいくつも作れば1つあたりの金額は下がります。

でもオーダー家具では単品物が多いから、量産より高くなってしましまいます。

たとえば料理で「10人前を一気に作る」のと、「10品を1個ずつ作る」違いでしょうか?

量産メーカーさんは設備と人が大量にいます。

手間に関してはかなり効率をよくして、材料費も大量に仕入れるのでかなり安いです。

この差がオーダーとの金額の差になります。

 

 

2,工場直販売ではない

量産家具でも同じ事ですが、直販売できればもっと安くなります。

ただ打ち合わせ経費、図面費などすべて工場側でやらなくてはなりませんが・・・

でもこの費用も経験を積めば工場でも可能です。

 

 

これからの工場はもっとお客様に近づいて仕事をする時代が来そうな気がします。

頑張らなくては・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 造作家具コラム

    暖炉があるインテリア

    軽井沢に取付に行ってきました。冬は寒い軽井沢なので暖炉が現場にありまし…

  2. 造作家具コラム

    造作家具を知ってもらう為に・・・

    あまり知られていない造作を知ってもらうために・・・これからパースを書こ…

  3. 造作家具コラム

    インテリア特集 –ステンドガラス編–

    ステンドガラスって魅力的です。インテリアではどうしても目が行ってしまう…

  4. 造作家具コラム

    インテリアをよくする方法は「ホワイト」の比率を下げる。

    素敵なインテリアにしたい場合には・・・「ホワイト」の比率を下げることで…

  5. 造作家具コラム

    将来職人さんが不足する!!モノづくり日本の技術は今後・・・

    最近の現場では職人さんの後継者がいなくなってきています。若い世代が職人…

  6. 造作家具コラム

    これからの生活スタイルは[休日の過ごし方]

    コンテストの入賞作品を見ていて感じた事です。「プライベートを大切にした…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。


にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ

pinterest

PAGE TOP