家具プラン

オーダー家具ならではの「食器棚」を考える

量産家具の食器棚は安いです

 

街の家具屋さんに行くと量産メーカーさんの食器棚が並んでいます。

よくマンションにて見かけるタイプの物です。

金額は安くはありませんが、オーダー家具と比較しますとかなりお安いです。

機能は十分足りていますので当然問題はありません。

 

我々オーダー家具屋は価格で勝負出来ないので、対抗するにはどうしたら良いのか・・・

 

 

デザイン勝負しかないかと・・・

 

機能だけ考えてプランを作っても量産メーカーさんと似たような図面しか書けない。

あえて言えるメリットは壁固定が出来るだけ・・・

メーカーさんとの違いを出すには、見た目の良さを全面に出していくしかない。

あまり見た事のない素材を使って、一目惚れしてしまうような物。

 

 

以前に似た物を製作した物でありました。

(トップページの施工事例には写真載せてあります。)

 

 

ガラスを使った「引戸」

 

上の写真は2枚引戸になっております。

真ん中はOPENになっている形です。

 

この2枚引戸にガラスを貼るのです。

ガラスの特性であるキラキラした艶感を利用しました。

引戸なので開き扉のような小割でなく、大きな引戸なのでインパクトあります。

ミラーのような主張性はなく、ただ表面がツヤツヤしているだけですが上品です。

照明の明かりが写ったりして一層キラキラします。

 

これならオーダーならではのデザインかと・・・

 

 

オープン部は「見せる収納」と「使い勝手の良さ」

 

真ん中のOPENは家電収納としても使える形にしました。

最近の家電製品はおしゃれになっていますので、アクセントカラー的になります。

料理中は電子レンジを使うことがあるので、OPENにしていた方が良いとも考えられる。

両サイドの収納は引戸を開けてになりますが、食器等のゴチャゴチャしたものを隠せるように・・・

 

引戸はガラスが貼ってあり重量がありますが、最近の引戸金物は進化しています。

開け閉めは上吊り式のレールの為、想像よりも軽いです。

ソフトクローズが付いていて締める時にバタンと音がしません。

 

 

 

いかがでしょうか?

ぜひ食器棚の参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 家具プラン

    素敵なキッチンカウンター

    この前紹介したサイト「HOUZZ」にて素敵なオーダーキッチンを見つけま…

  2. 家具プラン

    「スリーピングBOX」という空間利用法

    前回は狭い部屋が欲しいなあというブログでした。今回はそんな具体例に近い…

  3. 家具プラン

    「カウンター下収納」カウンター奥行きが狭くても収納力をアップする方法

    キッチンカウンターの下に「カウンター下収納」をつけることがあります。最…

  4. 家具プラン

    70年前に建てられたインテリアが「モダン」であり続ける

    インテリア雑誌のネット記事で「和風モダン」の実例がありました。70年前…

  5. 家具プラン

    家具図面は「イメージ」と「部屋寸法」が大事

    造作家具の図面。図面を書く時には「部屋寸法」が重要になります。決まって…

  6. 家具プラン

    生活スタイルに合わせた家具を考える。ダイニング編

    前回のダイニングが充実したら良いスペースになるとお話しました。今回はそ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ

メールお問い合わせ先

メールお問い合わせ先
PAGE TOP