家具金物

モノづくり日本の支え金物メーカー!家具金物も進化してきた

 

 

今月初めにスライド丁番の新商品がありました。

 

「スガツネ」という金物メーカーさんであり、建築・産業機器系の方なら一度は聞いたことがあるでしょう。

最近は色々な金物を頻繁に作っていて、国内メーカーとしてかなりの地位を築いていると思います。

 

 

今回の金物は・・・

 

「OLYMPIA 360」 スライド丁番です。

 

 

 

スライド丁番とは・・・

「開き扉」を開け閉めをする丁番のことです。

家具では開き扉は多用します。

一番使う金物なんです。

 

 

そのスライド丁番にソフトクローズ機能が搭載されました。

 

開き扉が閉まる時に「パタ-ン」って響く音がしないように、扉がゆっくりと閉まるのです。

ただ、ソフトクローズの扉はこれまで存在しなかった訳ではありません。

「別部品」を付けてソフトクローズにすることはできました。

それが今回はスライド丁番本体にソフトクローズの機能が組み込まれた商品であります。

 

 

ソフトクローズ一体型の丁番のメリットは・・・?

  1. 別部品を付けなくよくて、スッキリしている。
  2. 今までソフトクローズが出来ない場合があったが、丁番だけつければソフトクローズが機能する。つまり開き扉すべてでソフトクローズが可能になった。
  3. 別部品でのソフトクローズでは、扉を締める時に音(ぎゅーとゴムが擦れた音)が鳴ったが、もうその心配は要らない。

 

 

 

音の問題はかなり面倒です。

 

人それぞれの感覚で「うるさい」「気にならない」が判断されてしまいます。

部品の構造上に音がどうしても鳴ってしまう場合は、ソフトクローズを辞めざるをえないことも考えられる。

その心配はいらなくなりました。

 

 

 

何よりも「国産メーカー」の「スガツネ工業」であるのがイイです。

家具でいうと「ドイツ」の家具金物メーカーが何社かあります。

今まではドイツが一歩先を進んでいたように感じていました。

でも日本のメーカーが追いついてきた!

 

 

「made in Japan」

私、造作家具屋もジャンルとしては同じ「モノ作り」です。

やっぱ国産メーカーの部品を使いたいですし、モノづくり日本を支える基盤を守ってほしいです。

「OLMPIA 360」が発売されましたが、スガツネ工業さんにはこれからもっとたくさん新しい商品を期待しています。

 

 

 

 

引用元:スガツネ工業

 

 

 

関連記事

  1. 家具金物

    引戸金物はソフトクローズが主流です。

    最近の家具金物は便利な物が増えてきました。住宅の引戸にはソフトクローズ…

  2. 家具金物

    ワンランク上の家具にはつまみ・ハンドルも重要

    造作家具にはあまり付けない「つまみ・ハンドル」選定するのが難しいが、家…

  3. 家具金物

    スライドレールって知ってます?

    よく使われる家具金物として「スライドレール」があります。私も15年家具…

  4. 家具金物

    デザインとしても機能としても特化した「スクリーン」

    家具金物はスライドレール、丁番といった物が思い浮かびます。今回は違った…

  5. 家具金物

    最近の家具扉キーワード:「フラット」「ソフトクローズ」

    最近の家具扉金物の主流は「フラット」「ソフトクローズ」です。静かに閉ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ

メールお問い合わせ先

メールお問い合わせ先
PAGE TOP