日記

「個人が仕事に追い込まれる」なんてなくなるかなあ?

 

 

最近は仕事のやり方が変わってきています。

「プレミアムフライデー」や「ノー残業day」という言葉が聞かれるようになりました。

皆さんの会社も変化はありますか?

 

 

 

 

最近、「仕事に病んで会社を休んでる」って話を聞きました。

仕事で追い込まれて嫌になってしまったらしいです。

ちょっと知っている人だったので残念に思いました。

 

 

 

 

 

最近は仕事形態が変わろうとしています。

 

仕事改革と言われるモノで、まず残業を減らすことがメインです。

そして「家族や友人との時間」や「自己啓発をする時間」を増やすように変わってきました。

現に「会社・国」として残業を減らす傾向があるので、社員は帰り易くなったのではないでしょうか?

残業することが美学的であった時代とは違った価値感が生まれようとしています。

ダラダラとやっていても効率良くはないです。

ただ周りがやっているから遅くまでやっていることもあったと思います。

 

 

これからは効率を求められていき、限られた時間内で仕事を終わらせる。

しかし一人でやる仕事量には当然限度があります。

時間が限られたら、今まで出来ていた仕事量はこなせなくなるのでチーム単位で仕事をこなす。

もしくは他人に仕事を任せるようにし自分の仕事を減らすようにするでしょう。

 

 

ただ、この仕事改革は始まったばかりであります。

でも時間は区切られてしまう現実。

仕事量を減らすなんてことは単純にはできないでしょう。

サービスの質も落としたくないし、むしろもっと質を求められる時代です。

 

ここに色んな矛盾が生じて誰かに負担が発生するのではないか!?

 

 

 

 

仕事が楽しければ問題は最小限に抑えられるのですが・・・

仕事をコナシきれなければ、苦痛になりストレスが溜まっていきます。

別の人に任せられればいいのですが、任せる事ができないというか「頼むことが出来ない人」が必ずいる。

自分で色んな事を抱え込んでしまう人が結構いると思います。

 

 

 

人は得意・不得意があります。

この仕事はこの人に任せて、これはあの人に任せて、まとめるのはあの人が適任だ!みたいに・・・

個人の責任負担を何人かで分割するのがこれからのスタイルになりそうです。

つまり「チームで」仕事をする。

 

 

現代でもチーム」で仕事をする流れは当然ありますが、もっと明確にそして個人のやる仕事範囲が狭くなる。

チーム全員が同じ責任を背負って仕事する。

 

誰か一人が仕事に追い込まれないようにみんなで仕事をするのでは・・・・

 

 

 

 

 

ただ本当は、今の世の中「要らない仕事」が多すぎます!

余計な仕事が多すぎて、本来やるべき仕事に力を注げないのが現状ではないかなと・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日記

    お祭りって神に感謝、祈願することです!地元の神様を祭りたい!

    お祭りって聞くと楽しいコトであると感じます。地域のお祭りって聞くと楽し…

  2. 日記

    建設現場での安全

    アークス加納です。昨日は東京まで行き、お世話になっている取引先…

  3. 日記

    「錆」という言葉のイメージと作品のギャップ

    「錆」と聞くとデザインには?なんて先入観が先に立ち、デザインをする弊害…

  4. 日記

    造作家具屋は売るのではなく「家具を作る」

    造作家具屋の紹介です。ほとんど見たことがない「造作家具屋」はどんなとこ…

  5. 日記

    意外と大人向け!?読書を1.5倍簡単に楽しむ方法

    今日は図書館へ行って来ました。いつも建築・インテリアの所で本を読んでい…

  6. 日記

    家具を売る前に「こんな部屋にしたい!」って創造してもらう

    マンションのオプション販売会が近々あります。「今年はいつもと違うスタン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ
  1. 造作家具コラム

    家具面材は塗装がオススメ
  2. 造作家具コラム

    満足いくインテリアにする3つの事
  3. 日記

    お客様の好きな「インテリア」を探し出したくて
  4. 造作家具コラム

    新築後でも造作家具は取付可能
  5. 造作家具コラム

    素敵な部屋には「造作すること」が有効です。
PAGE TOP