日記

賢いキッチンを作るには造作家具!?設計事務所からの依頼は多いです。

 

 

最近、久しぶりに某工務店さんから仕事がありました。

某工務店はいつも忙しくて監督さんがかわいそうな気がします。

もっと若い人を育てたり、もっと早く帰れるような組織を作ったほうが良いのではないかと勝手な想像をしてしまいます。

でも自分はそんな人から仕事が来てくれることが嬉しかった。

 

「お久しぶりです。加納さんだからちょっとお願いしたい仕事があるんだけど・・・」

 

これだけでなんか助けたくなってしまう自分がいました!

 

最近、設計事務所から多い家具とは・・・

 

いつもこの工務店からもらう仕事は設計事務所関連の仕事です。

そこで多い家具は。。。

システムキッチン、バックセットなんです。

一般の方はキッチンといえばメーカーさんの既成品を思い浮かべるかと思います。

でも設計事務所の方は、造作家具で造ります。

なんででしょうか?

「解りません!!」

造作家具で作る意義が見えないですねえ。

でも比較的木目柄の扉を使ったキッチンが多いです。

 

 

なぜキッチンカウンター・バックセットが多いのか?

 

「なぜキッチンカウンターが多いのか?」

私が思うには、比較的造作で作っても安いのではないか?と思います。

高い造作家具がなぜ安いのいか?

それも解りません。

でも造作家具では普通にオーダーであり寸法は自由です。

どんなとこでもピッタリなサイズで納めます。

設計事務所さんが使い勝手がいいからなんでしょう!(たぶん・・・)

 

でもキッチンはインテリアで重要なアイテムです。

リビング・ダイニング・キッチンというLDKは生活する家族にとってかなりの時間をそこで過ごします。

そんなLDKを住まいの魅せるとこにするのはセオリーです。

 

世界に同じモノはないキッチンを作ることは施主様も喜んでもらえるでしょう。

既成品ではないようなキッチンは思い出にも残ります。

いつもこういう記事を書くと思うのですが、「変わったオリジナルなキッチンを作りたい」

 

でもなかなか生まれません!

なんかないかなあ!?

 

造作家具は一概に高いわけではないかも・・・

 

「造作家具は高い!」

ということは認めます。高いけど満足いくモノを作ることができる可能性は十分にあるのです。

それは設計事務所がキッチン関連は注文がくるということが事実かもしれません。

なぜかは解りませんが、選んでくれることは事実なんです。

 

皆様もぜひ造作家具を考えてみてはどうですか!?

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 日記

    家具取付1週間で1400km

    アークス加納です。今週は家具の取付weekでした。先週…

  2. 日記

    造作家具屋は売るのではなく「家具を作る」

    造作家具屋の紹介です。ほとんど見たことがない「造作家具屋」はどんなとこ…

  3. 日記

    「錆」という言葉のイメージと作品のギャップ

    「錆」と聞くとデザインには?なんて先入観が先に立ち、デザインをする弊害…

  4. 日記

    頼りになる「ツール」・・・車での移動時間を知るには

    造作家具屋は遠くまで取付に行きます。その時の交通手段は「車」です。「何…

  5. 日記

    相手を思いやる心があれば、自分を大きくさせる

    最近は世の中の関係がギクシャクして、自分を守るコトが中心になっているの…

  6. 日記

    意外と大人向け!?読書を1.5倍簡単に楽しむ方法

    今日は図書館へ行って来ました。いつも建築・インテリアの所で本を読んでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ

pinterest

PAGE TOP