日記

家具屋の採寸

アークス加納です。

最近は現場への取付が多くブログもなかなか書けずにおりました。

建築中の現場って一般の方はあまり見れないですよねえ!

 

写真の現場にはまだ大工さんが入っていました。

もうプラスターボード(壁の黄色い物)も貼られてあります。

建具も吊られています。

もう大工さんも終盤です。

ちょうど休憩時間になったので大工さんとおしゃべりして、さて・・・・・

 

私は何をしに来たかのか???

壁が貼られて、室内の形が見えてくる頃に私はこそっと現場に行きます。

 

「家具製作の為の寸法どり(採寸)」です。

 

壁~壁までの寸法・天井高さ・サッシの位置・電気配線の確認・造作材の色  etc

色々な事を確認しに現場に行きます。

お客様の家具を実現させるために不備がないよう毎回気をつけています。

現場への伝達事項がしっかり届いているか?

自分の落としもないか?

 

意外と重要な事なのは「採寸」なんです。

「採寸」と言いますか、「現場へ行くこと」です。

現場へ行くと情報がたくさん入ってきますし、私も他業者さんにお願いをする事ができます。

建物は携わる業者みんなで作る物ですから、やはり話をしないと完成できません。

一人の力では当然無理ですから・・・

 

知っている大工さんや業者さんがいる所はいいのですが、「誰も知っている人がいない現場」へ行く時・・・

ちょっと緊張します。

でもそんな時気をつける事はただひとつ

いつもよりワントーン大きい声での「挨拶」です。

 

 

 

 

関連記事

  1. 日記

    ことのまま

    あけましておめでとうございます。アークス 加納です。毎…

  2. 日記

    お客様の好きな「インテリア」を探し出したくて

    今年で3回目のマンションOP販売会です。今年の始めから考えていたツール…

  3. 日記

    量産家具ってやっぱ安いです

    量産家具はオーダー家具に比べ金額はかなり安いです。同じ土俵で戦っても金…

  4. 日記

    由来を少し自分で調べ考えると・・・

    2018年もスタートしました。お正月の由来って・・・?歳神様を祀ること…

  5. 日記

    餅屋は餅屋!その道のプロに聞けば・・・

    「餅屋は餅屋」って言葉がテーマです。その道のプロに聞けば意外と簡単にも…

  6. 日記

    「流れを掴む」野球と「仕事の流れを維持する」家具職人

    日本シリーズを見ていて思いました。昨日の試合は筒香選手が流れをベイスタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ

pinterest

PAGE TOP