日記

いつ仕事形態が未来型に変わるのか?その時人間は?

 

 

先日ある現場へ家具取付に行きました。

 

昼食時に店舗屋(店舗内装を主にやる仕事)さんと話しました。

60代半ばくらいの方です。

 

 

店舗屋さん:「昔は家具屋さんに家具作ってもらうのにはよく頭下げてたもんだよ!」

 

 

家具屋:「納期がないならやらないよ」

    「単価が安いじゃー、他でやってもらって・・・」

 

なんてよく家具屋に言われた時代があったそうです。

おそらく婚礼家具が売れていた時代でしょう。

 

 

 

そんなバブリーな時代も、今では単価も下がり、3K(きつい・汚い・危険)な仕事というイメージになりました。

 

 

職人さんが本当に減っています。

若い人もいないし、30代から40代の職人も少ないです。(建築の現場では・・・)

単純に単価が少ない」のが一つの原因かと感じます。

 

 

 

このままではモノ作りができる人が減ってしまいます。

これは建築だけに限らず、どこの業界でも同じ事が言えるのではないか!?

 

 

 

 

 

職人さんが減って行く中ある記事を見かけました。

 

 

 

引用先: NAVERまとめ  「将来はこうなる!!今後なくなるであろう『職業・仕事』のリストと備え

▼まず、『直近』になくりそうな職業をご覧下さい

様々な技術が進歩し、色々な作業がもの凄いスピードで最適化されていく現代では、必要とされなくなっていく職業も次々に現れるもの。

例えば自動改札機が生まれる前には鉄道改札員という「切符切り」の仕事があった。

携帯電話が普及する前、「ポケベル」が流行した時代は、「ポケベル・ガール」なる音声ガイダンスの職業もあった。

「そういえばあったなぁ・・・」と思うような仕事は意外とたくさんある。

では今後、どんなものがなくなっていくのだろう?

出典【あと5年】アナタの仕事は大丈夫?2020年までになくなる職業 | TABI LABO

 

 

 

https://matome.naver.jp/odai/2144675564599794801

 

 

これからはロボットが仕事をする時代に変わってきています。

ロボットは指示した事を正確に行います。

 

 

上の項目を見ても人間がやらなくても今では機械がやっている事が増えています。

簡単な例でいくと、「ワープロ入力」はもうほとんど喋ればPCで入力できる時代です。

レンタルビデオ、レジはセルフレジといったモノが店頭にあります。

受付はAIロボットで、新聞配達はドローンといった機械で補えるようになりそう。

 

生産性を上げる為のロボット

人員削減の為のロボット

 

 

きっと人間の仕事が少なくなる。

ロボットを自分の二の腕として部下のように扱い、自分は何もしない。

そのうちに自分のスキルが落ちる。

一方、ロボットの信用度がますます上がる。 Wao

 

 

そのうちロボット同士が営業で名刺交換をするのか?

 

 

 

建築関連としては実際に作業をサポートするロボットを開発しているそうです。

 

ロボットに開口を開ける指示を出すとロボットがその通りに穴をあけるそうです。

すごいですねえ。

 

でも人口知能は付けないでほしい。

殴られそうで怖いから・・・

 

 

 

ロボットと仕事する時代はいつ実現するのでしょうか?

そして世の中はどんな風になるのか、私は不安の方が大きいかなあ!?

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日記

    餅屋は餅屋!その道のプロに聞けば・・・

    「餅屋は餅屋」って言葉がテーマです。その道のプロに聞けば意外と簡単にも…

  2. 日記

    職人に新しく技を習得する「きっかけ」は・・・

    職人は新しい技術を学ぶのは抵抗があります。それは面倒だからです。今持っ…

  3. 日記

    「流れを掴む」野球と「仕事の流れを維持する」家具職人

    日本シリーズを見ていて思いました。昨日の試合は筒香選手が流れをベイスタ…

  4. 日記

    賢いキッチンを作るには造作家具!?設計事務所からの依頼は多いです。

    設計事務所がキッチンを選ぶ時には比較的、造作家具で作ることが多いです。…

  5. 日記

    「パンクROCK」って悪いイメージがあるのはなぜ!?

    最近の犯罪はどうか!?明日は我が身かもしれませんが、これを逃げるのでは…

  6. 日記

    ことのまま

    あけましておめでとうございます。アークス 加納です。毎…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ
  1. 造作家具コラム

    新築後でも造作家具は取付可能
  2. 造作家具コラム

    満足いくインテリアにする3つの事
  3. 日記

    お客様の好きな「インテリア」を探し出したくて
  4. 造作家具コラム

    これからの「間取り」は人を感じながら暮らしていく事が大切です。
  5. 造作家具コラム

    素敵な部屋には「造作すること」が有効です。
PAGE TOP