造作家具コラム

暖炉があるインテリア

 

 

昨日は軽井沢まで取付に行って来ました。

片道4時間の長旅です。

軽井沢の気候は日中で16℃(雨が降っていました)で、取付するには丁度良い温度でした。

梅雨に入ったとはいえ、梅雨らしくないこの頃です。

 

 

現場には「暖炉」がありました。

さすが軽井沢、冬は寒いから所有率は高そうだなんて勝手に思いながらのブログです。

 

今回はそんな梅雨とは全く関係ない「暖炉」について・・・

 

 

 

最近の暖炉は「ガス式」「電気式」「エタノール」といったタイプがあります。

 

 

 

暖炉といえば家の中にレンガで作られた「炉と煙突」があり、そこで「薪を焚いて」暖をとります。

薪を燃やした煙が大変そうだと心配してしまう。

また炉がレンガや石などでできているのは「防火」のためだそうです。

 

 

そんな昔の暖炉を想像しがちになりますが、暖炉も最近では現代風の物が発売されています。

 

  1. 「ガス式」・・・ガスを燃焼させて暖をとる方式(ガスヒーター)
  2. 「電気式」・・・電気で空気を温めて送風する方式
  3. 「エタノール式」・・・エタノールを燃やす。炎の雰囲気を楽しむ。

 

「ガス式」は一番暖かくて実用的です。

炎も見れます。実際にガスを燃やしているので結構リアルです。

ただし、ガス管工事費や商品自体が高いです。

 

「電気式」は値段が安いです。

とはいっても「ガス式」に比べ安いだけで、それなりに金額はします。

萌えている炎の感じは、確か「映像」なので・・・・

 

「エタノール式」はかなりおしゃれな商品です。

暖炉というよりかオブジェ的な存在です。

 

 

 

洋風なインテリアの雰囲気を作る「マントルピース」

 

こういった薪を燃やさない暖炉が販売されています。

煙も出ないで快適に暖をとれるようになりました。

 

そんな暖炉にも造作家具では「マントルピース」を作ることがあります。

マントルピースとは「床石や暖炉廻りに石を貼ったり、門構えのような化粧枠をつける物です。

 

インテリアとして目立つアイテムです。飾りとしての「暖炉」が最近流行ってきている感じます。

 

優雅な雰囲気を印象づけますが、大理石を使っていますのでキリっとした家具になりかっこいいですよ。

 

 

最後に・・・

 

 

暖炉のメーカーさんとしては何社かあります。

 

ダンロックス(ガス式)

http://www.danrox.co.jp/

 

イタヤランバー(電気式)

http://www.itayalumber.co.jp/

 

ecosmart(エタノール式)

 

http://www.ecosmart-fire.jp/ecosmartfire/feature.html

 

参考にしてみて下さい。

 

新しいインテリアがきっと思い浮かぶのではないしょうか!?

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 造作家具コラム

    マンガ喫茶の小部屋ようなスペースが家にあったら

    最近私がよく思う事はマンガ喫茶の小部屋のようなスペースがほしいという事…

  2. 造作家具コラム

    将来職人さんが不足する!!モノづくり日本の技術は今後・・・

    最近の現場では職人さんの後継者がいなくなってきています。若い世代が職人…

  3. 造作家具コラム

    造作のスタートライン

    ブログ村キーワードアークス 加納です。先日は画像検索…

  4. 造作家具コラム

    オススメ キッチンカウンター特集

    最近のキッチンカウンターを集めました。自分達が作ったモノではありません…

  5. 造作家具コラム

    ダイニングって最近重要な場所になってきている!?

    これまで部屋の使い方は、「リビングはゆっくり」「ダイニングはご飯を食べ…

  6. 造作家具コラム

    インテリア特集 –ステンドガラス編–

    ステンドガラスって魅力的です。インテリアではどうしても目が行ってしまう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ

メールお問い合わせ先

メールお問い合わせ先
PAGE TOP