日記

ブログを書くより「造作家具のメリット」を知ってもらうには

ブログを立ち上げてずっと「ブログを書く」ことが目標でした。

造作家具を知ってもらえるようにと思い書いてましたが、今日は休日だからだろうかふと思い留まりました。

 

ブログを書いていても、見てくださる閲覧者さんは「何が得意な家具屋か?」分からないだろうと・・・・

 

製品カタログがないから広がらない!?

 

造作家具(オーダー家具)の魅力は

  1. 大きな家具を作れる
  2. 長いカウンターも作れる。
  3. 好みの面材・金具を選べる自由度の高さ
  4. お客様と打ち合わせしながら家具設計する

良い家具を作りますと言っても、文字だけで伝わりにくい!全然伝わらないし、興味が沸かないだろう!

せめて写真や画像などで伝えるコトをしなくてはならない。

 

 

「カタログみたいなモノがないとなあ。」

 

 

どんなものが作れるのかが伝えられない!何を作っているのかが漠然としている。

施工事例等で写真を撮っていますがプライバシーの問題でネットでは載せられない。

 

うーーん・・・・、企業のような大きな会社ではない悩みです。

 

この「カタログ」という武器は大きいなあとつくづく感じます。

「カタログ」という文字だけで人は閲覧するだろう。

 

カタログ作りには当然費用がかかる

 

しかしカタログを作るには問題があります。

実物を作って写真を撮っても、見栄えする写真が撮れる保証もないし、そしたら作り損で損害が発生する。

見栄えする写真にはそれなりの部屋が必要で、小物も飾らなくてはならない。

やはり撮影するプロが必要になるだろう。そこまではするのは無理だろうなあ。

そこまでやる自信がまだありません。

 

しかしこのままでは現状は変わらないので、何かしらかの「ツールを作ろう」と考えてます。

カタログに匹敵するような何かを「PC」で作る。

イラストレーターやフォトショップのようなソフトを使って・・・

只今勉強中です。

 

ブログを書くより先に・・・

 

「こんな家具屋です!そしてこんな家具が作れます。」というコトに興味を持ってもらえる。

そんな造作家具を知ってもらえるようなツールを作ることが先決だと今更ながら感じます。

もっと造作家具の利点をもう一度見直して、構想を練らなくては、、、

 

 

ブログに続いての第二弾のミッションは、「カタログ」と呼べるようなツール(ページ)を考える!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日記

    「錆」という言葉のイメージと作品のギャップ

    「錆」と聞くとデザインには?なんて先入観が先に立ち、デザインをする弊害…

  2. 日記

    建設現場での安全

    アークス加納です。昨日は東京まで行き、お世話になっている取引先…

  3. 日記

    ことのまま

    あけましておめでとうございます。アークス 加納です。毎…

  4. 日記

    量産家具ってやっぱ安いです

    量産家具はオーダー家具に比べ金額はかなり安いです。同じ土俵で戦っても金…

  5. 日記

    由来を少し自分で調べ考えると・・・

    2018年もスタートしました。お正月の由来って・・・?歳神様を祀ること…

  6. 日記

    もっと分かり易く「造作家具の効果」を伝える

    販売会での説明の仕方を見直しました。昨日の販売会でも多少なりとも効果は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

造作家具にご興味のある方へ

造作家具にご興味のある方へ
PAGE TOP